2017年6月17日土曜日

ブラジルの県人会のネットワーク!

今回は、ブラジルの県人会の方にご協力いただいたお話です。

県人会とは、日本からブラジル渡った多くの日系人が、日系人らが出身県やそのルーツで結束し、今でも日本に関する活動やイベントを行っている団体です。

ブラジル日本都道府県人会連合会 http://www.kenren.org.br/ja/

アオヤギ事務所では、日本で発生した相続の相続人の中に、ブラジルに渡った方やそのご子息がいるケースでの所在を捜索することを行っていますが

今回のケースでは、ブラジルの相続人の電話番号がわかったため、直接電話を試みるも、何十回に1度というレベルでしかつながらず、困っていました。

ブラジルは日本との時差が12時間ですので、こちらが電話をかける時間帯も限られています。

実は、日本側のご親族の方から私にご相談があった時点で、すでにご親族が県の国際交流協会を通じて、ブラジルの県人会にコンタクトは取られていました。

そこで、その県人会の方に私から連絡をして、ご協力願いたい旨お願いをしてみました。

すると、県人会のネットワークを通じて、2日ほどで探していた方の職場が判明したのでした!

探していた方が日系の高齢者施設にお勤めということも幸いしました。

しかも、直接、お話してくださり、地球の裏側の日本から本当にありがたく、県人会のネットワークに驚かされました。

ブラジルでは日系といっても、日本語を話す方は必然的に少なくなってきます。

ですが、ブラジルに住んでいた時に日系人の友人らにいろいろ教えてもらったり、助けてもらった私にとっては、日系の文化は残してほしいな、と思います。

ブラジル好きな私にとって、ブラジルと日本の両方の文化を持てるということは、うらやましくもあります。

よく、日本に住む日系の方がアイデンティティーに悩むことを聞きますが、ダブルの可能性を持っている、ということも知ってほしいです。

0 件のコメント:

コメントを投稿