2016年12月17日土曜日

今年を振り返り、来年へ。

今年もいろんなことがありましたが、元気にお仕事ができたこと、年齢を重ねるとありがたさが増してきます。

来年の1月から行政書士登録をして10年目を迎えます。

開業当初は、入管業務をメインにやっていこうと思っていました。

が、周りの行政書士の方々を見渡すと、素晴らしい営業センス&実務能力をお持ちの方がたくさん。圧倒されました。

当初、入管業務とポルトガル語の翻訳業務も掲げていた私の事務所では、徐々にポルトガル語の翻訳が多くなり・・・・

思い切ってHPで、翻訳とブラジルが絡む相続の業務を中心に案内したところ、全国の弁護士さん、司法書士さんらからブラジル在住の相続人との連絡調整や翻訳業務を受けることがメインとなりました。

今では、入管業務は古いお客さんから受けるのみとなりました。

ただ、外国人相談センターでのコーディネーター業務は続けており、そちらで入管に関する相談を受けていますので、まだ入管業務に片足を突っ込んております。

自営業の仕事とは不思議なもので、「自分がやりたい」と思ったことで必ずしも伸びていくものではなく、「頼まれたことをやってみる」ことで、実は自分に求められている専門性が分かったりして、おもしろいなあ、と思います。

で、私は気づくと、ポルトガル語関係で、色々なところの調整&コーディネートをしていることが多いと気づきました。

ブラジル在住の相続人と日本側の弁護士さんや司法書士さんとの間に入ることなんかはまさにそんな感じで、両者の文化的な背景も考慮しながら、それぞれの言いたいことをまとめて、どう切り出そうか悩んだりするのが向いているようです。

今年初めての分野のお仕事と言えば、ブラジルの弁護士さんから日本在住者の行政手続きなどもお引き受けしたこともあり、こちらは来年度、伸ばしていきたい業務です。

大好きなブラジル、大好きなポルトガル語に触れて、それが、お仕事として携われること、来年も、引き続き、元気にブラジルとポルトガル語専門の行政書士として、お仕事をしていこうと思います。