2015年2月26日木曜日

ブラジル大使館を訪問&食べる&踊る

先日、東京商工会議所の企画でブラジル大使館の訪問があり、会員の外部パートナーとして参加させていただきました。

在東京ブラジル総領事館は仕事でちょくちょく行くことがありますが、大使館は初めて行きました。
外苑前にあります。

建物がきれいです!
この建物を設計されたルイ・オオタケさんのお母さまであり芸術家の大竹富江さんが1週間前に101歳で亡くなったとのこと・・・。




一等書記官のお話は、ブラジルと日本との移民の歴史や経済関係、開催されたサッカーのワールドカップ、これから開催されるオリンピックの事でした。

最後にブラジル観光PRのビデオを見ましたが、むしょーーーーに行きたくなってしまいました。
だって、ビデオは美しく、開放的なブラジルの側面を映し出していて・・・いや、本当にそうなんだけど・・・・帰り際、やっぱり治安、悪かったよなーと思い出しました。

こういう日本人向けのお話を聞きに行くときにひそかに楽しみにしている通訳さんの存在。
ステキなオジサマのステキな日本語とポルトガル語でした。

通訳をするって、語学能力も必要だけど、話をまとめる力も必要ね、と。


お話のあとは、場所を移動して、四ツ谷のブラジリアン・レストラン サシペレレにて、交流を図りながら・・・ブラジル料理を食べて・・・踊りました♪

ブラジル音楽、サイコーーーー。



サシペレレとは、一本足の妖精さん。いたずらもするようです。

このレストランは歌手 小野リサさんのお父様が経営していますが、この日は妹さんがご挨拶をされていました。

他、参加されたいた方々もすっかりブラジル文化にどっぷっり 。楽しかったです。