2012年1月31日火曜日

ブラジルの労働ビザ

近年、ブラジルの景気が良く、日本からも駐在員として一時的に仕事で行かれる日本の方も増えているのではないでしょか。

しかもブラジルでは、2014年にはサッカーのワールドカップ、2016年にはオリンピックが開催される予定です。
日本から一時的に仕事で行かれる方も増えるかもしれません。
ちなみに、私はブラジルに留学していた時、98年のフランスのワールドカップが開催されました。
ブラジル代表の試合は、みんな、仕事や学校はそっちのけで、応援です。
みんな、と言ってもさすがに、サービス業は営業してるよね・・・とお思いのあなた。甘いです。
ブラジル国営銀行ですら、試合の時は営業しません。
普段にぎわう中心街も、砂漠のように人がいなくなります。
その代わり、ブラジル代表が点数を入れた時は、そこかしこから歓喜の声が聞こえます。

フランス大会の時は、ブラジルは決勝でフランスに負けたんですっけ・・・。
負けた時は・・・お葬式のようです。
悲しんでいるブラジル人には、負けたことには触れず、いつも通りに振舞ってあげるのがやさしさ、です。

ブラジルで開催されるワールドカップ、果たして、いかに。
すいません、話がそれました。

さて、本題です。

ブラジルで仕事をするためには、労働ビザ(査証)が必要です。
その労働ビザの申請は、日本にあるブラジル領事館で行ないます。
ブラジル領事館のビザ申請には、ブラジルの労働・雇用省(Ministério do Trabalho e Emprego)の労働許可が必要です。

つまり、「ブラジルで働く!」となったら、まずは、労働・雇用省の労働許可の申請をすることになります。この申請は、受け入れる企業がブラジルの現地で行います。

申請に添付する日本で発行された書類には、日本のブラジル領事館の認証が必要です。アオヤギ事務所で代行していますので、お気軽にご相談ください。
認証を受けた書類は、その後、ブラジルに送って、公証翻訳人(Tradutor Juramentado)に翻訳してもらう必要があります。(公証翻訳人については、こちらの記事で別途ご説明します!)

ちなみに、学生や一時滞在者のための査証申請の際に提出する戸籍謄本などの翻訳は、公証翻訳人ではなく、アオヤギ事務所が行ったものをご使用いただけます。お気軽にご相談ください。
現在、日本のブラジル領事館では、査証の代行申請は大手旅行会社に限られています。

アオヤギ事務所でも、ぜひとも行いたいところですが、古くからの旅行会社のみが代行を行なう事が出来て、新参者は受け付けていないそうです。

2012年1月25日水曜日

Neve em Tóquio !

No dia 24 de janeiro na madrugada nevou.
É raro nevar em Tóquio, pois esses anos não estava tão frio como antes por causa do aquecimento global.
Mas  é segunda vez de neve neste invierno.


Em japonês, a paisagem coberta de neve se chama "Mundo de Prata".
De manhã, o neve coberto a rua fica gelado, e perigoso pois escorrega.
 

















As árvores das ruas está com chapéu de neve.

2012年1月19日木曜日

Biblioteca Nacional do Parlamento

Outro dia fui à Biblioteca Nacional do Parlamento em Tóquio.
Fica ao lado do Palácio do Parlamento.

Biblioteca

Palácio do Parlamento vendo da frente da Biblioteca.

Biblioteca Nacional do Parlamento iniciou no 1948.
Os menbros do Palácio e os cidadãos utilizam esta biblioteca.

Está na posse de 12,000,000 livros, ou seja quase todos livros publicado no Japão incluindo os mangas. Tem 148,000 quadrados de superfície e 471,000 pessoas usam o biblioteca em Tóquio no ano passado.

2012年1月14日土曜日

在留カードの事前交付申請が開始

2012年7月9日から外国人登録制度がなくなり、新しい在留管理制度が始まります。
入管HP http://www.immi-moj.go.jp/newimmiact_1/index.html
新しい制度では、外国人登録証の代わりに在留カードが発行されることになります。

日本で中期、長期に滞在している外国人は、2012年7月9日以降のビザ更新や変更の時に在留カードが発行されますので、急いで在留カードを申請する必要はありません。

1年以内なら再入国許可が不要に・・・
7月9日以降の新しい在留制度では、出国して1年以内に同じ活動目的で戻ってくる場合の再入国許可が不要になります。外国人登録証から在留カードへの切り替えをしていない場合でも、7月9日以降はそのときに有効な外国人登録証は在留カードとみなされますので、1年以内の帰国予定なら、再入国許可は不要ということになります。
持っているビザの期限までに戻ってこなければならないのは今までと変わりません。
1年以上、海外で過ごして戻ってくる場合には、海外で在留期間の延長野菜入国許可の取得ができませんので、注意が必要です。1年以上、海外に滞在して戻ってくる場合には、今までと同じように再入国許可を取得する必要があります。
もし、再入国許可を取得せずに1年を超えた場合は、原則、初めて来日する手続きを一から行うことになります。特に注意をしていただきたいのは、万が一、海外で病気になったりして滞在が一年以上に及ぶ場合、再入国許可を使って出国していないと、海外の日本領事館で再入国許可の延長申請ができないことです。永住者の場合も同様ですので、特に永住者の方には、保険のつもりで再入国許可を使って出国されることをオススメします。

2012年1月13日から、この在留カードの事前交付申請が始まりました。
ただ、今申請しても、在留カードを入手できるのは、7月末以降になります。7月9日以降に申請をすると、書類の不備がなければ、その日の内に在留カードを受け取ることができますので、急いで申請するメリットはあまりありません。
★永住者の人へ
永住を持っている人も、この在留カードを申請して取得することになります。
2015年7月8日までに申請をすればよいことになっていますので、急ぐ必要はありません。
が、いずれにしても在留カードの申請をしなければなりませんので、お忘れなく。
アオヤギ事務所では、永住者や就労ビザ、結婚ビザ、日系ビザを持っている方々の在留カードの申請を代行しています。

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。

アオヤギ行政書士事務所HP http://www.officeaoyagi.sakura.ne.jp/
お問合わせフォーム http://www.officeaoyagi.sakura.ne.jp/contact.html

2012年1月10日火曜日

新年のご挨拶

2012年を迎え、新年のご挨拶を申し上げます。

去年、被災された方々が1日でも、1時間でも1分でも早く、前に進む道を見つけられるよう祈っております。

業務に関しては、更に多くの方とつながり、良かった、と喜んでいただけるきめ細かいサービスを提供できるよう、専念して行きたいと思います。

ブラジルはオリンピックとワールドカップをひかえ、何かと話題に上るようになっています。
ブラジルが世界の注目の的になる大イベントで私も何か関わることが出来れば・・・と思っています・・・が、今のところ、何もネタはありません ^^;

業務外のことについてですが、昨年から受講している東京外国語大学での多文化社会コーディネーターコースを2月で終えます。http://www.tufs.ac.jp/blog/ts/g/cemmer/2011/05/tufs2011.html
外国人の在留手続きを扱う行政書士は、現在、そして将来の多文化社会で法律を扱う専門家の連携を図るコーディネータになる可能性を持っています。
このコースを受講し、気付かなかった自分の役割について気付き、様々な立場のコーディネーターを理解することができました。

コーディネートを実践することの重みを知り、役割の深さに魅了されています。
コーディネーターとして新しい分野で何かをしたい・・・と思っていますが、こちらも具体的には何も決まっていません。現時点では、事務局長を務める多言語行政書士協会の活動を広げ、コーディネートしていきたいと思っています。

行政書士、そして多文化社会コーディネーターとして、幅広く活動する事を目指して・・・。

2012年1月7日土曜日

外国人と介護

「外国人」と「介護」、というと、経済連携協定(EPA)に基づいた介護福祉士の受け入れを思い出す人が多いかもしれません。EPAでは、介護現場で働くことを目的として、「特定活動」の在留資格であくまでも限定的に受け入れをしています。

現在、日本に在留するためのビザ(在留資格)には、介護業務を活動目的としたカテゴリーは存在しません。では、介護の現場に外国人が働いていないか、というと、就労や活動に制限がない、永住者や特別永住者、日本人の配偶者、日系人などで働いている人たちはいます。
就労者として扱われる外国人も、当然ながら年齢を重ね、いつかは仕事をリタイヤします。

2010年時点で日本に住む外国人210万人の内、永住者と特別永住者が占める割合は、45%と半分近くを占めています。永住者の割合は増加傾向にあります。
こうした永住者も当然、歳を重ねていきます。仕事をリタイヤした後、自国に帰国する人もいれば、日本で築いた生活基盤から離れず高齢となる人も多いと思われます。

そうした高齢化した外国人も介護される側になりえます。

今、私は『異文化間介護と多文化共生 著 を読んでいます。
この本では、介護士として働く外国人と被介護者としての外国人の両方の視点から、外国人の高齢化と介護について分析がなされていて、非常に興味深い内容となっています。

教育分野では、70年代以降の帰国子女の問題や、90年代以降の日系人をはじめとしてニューカマーの問題が研究されていますが、外国人の高齢化と介護の問題はあまり研究がなされていないのが現状です。

私は行政書士として外国人の方々の行政機関の手続きをさせていただいていますが、多くの方がはじめは数年の滞在で来日していたつもりが、子どもの成長や仕事の継続に伴って、家を買ったり永住を決めています。

日本が移民政策をとった場合は別として、今後、新たに来日する外国人の数は今までのような劇的な増加にはならないと思います。ただし、日本に住む外国人が高齢化し、介護の現場でのニーズが多様化するのではないかと思います。

参考:政府統計の総合窓口
http://www.e-stat.go.jp/SG1/estat/List.do?lid=000001074828
「第1表 国籍(出身地)別 在留資格(在留目的)別 外国人登録者」 総数 2,134,151人  永住者565,089人 特別永住者399,106人
「第2表 国籍 (出身地)別 年齢・男女 別 外国人登録者」 総数 2,134,151人  65歳以上の人数131,270

2012年1月6日金曜日

Viagem para terra natal

No Japão, há costume que as pessoas voltam para terra natal no periodo de ano novo.

Eu fui a Nara onde meus pais moram.
Trêm bara - Shinkansen.

Estação de Kyoto de Linha Kintetsu.