2011年12月30日金曜日

Decolação do Ano Novo

Hoje pindurei a decolação na porta da casa para receber o Ano Novo.
Colocar decoração é um costume tradicional do Japão e é feito para que o Deus Xintoísta ficar fácil de descobrir a casa e ele dá sorte para família.


2011年12月29日木曜日

高度人材に対する永住許可申請の緩和

日経新聞 2011/12/29記事
高い技能持つ外国人優遇 法務省、点数制で評価
就労促し競争力強化


 法務省は28日、優れた技能を持つ外国人の日本での就労を促す優遇制度を発表した。学歴や実務経験をポイント制で評価し、一定以上の得点に達した外国人を政府が「高度人材」に認定。永住許可要件の緩和や親の帯同許可といった優遇措置を受けられるようにする。2012年度中に導入し、専門知識を持つ人材を日本に呼び込んで国際競争力を高める。
ポイント計算の主な仕組み(経営・管理分野の場合)
評価項目配点
学 歴修士号・博士号の取得、大学の卒業10~20
職 歴3年、5年、7年、10年以上で区分。長いほど高得点10~25
年 収収入の高さに応じて点数を付与10~50
その他日本政府から支援措置を受けている機関への就労10
代表取締役や取締役ポストでの受け入れ5~10
日本の高等教育機関での学位取得5
日本語能力試験で「N1」に認定10




↓ 計70点以上で…

永住許可要件の緩和、配偶者の就労、親・家事使用人の帯同許可などの優遇措置
 人材は大学教授らの「学術研究」、医師などの「高度専門・技術」、企業幹部ら「経営・管理」の3分野に分けて評価する。希望する外国人や所属する企業が、各地の入国管理局に認定を申請する。
 ポイントは「経営・管理」の場合、博士号または修士号の取得者に20点、10年以上の実務経験で25点といった具合に加点。年収や日本語能力などにも配点し、70点に達すれば高度人材として認定する。
 認定した外国人には、原則10年以上の在留が必要となっている永住許可要件を緩和し5年に短縮。配偶者が就労時間の制限なく働けるようにしたり親や家事使用人の日本への帯同を許可したりして、暮らしやすい環境を提供する。
 新制度は現行の入国管理制度の運用で対応し、評価項目や配点を告示する。政府は昨年6月に決定した新成長戦略で、専門知識や技能を持つ外国人を積極的に受け入れる方針を打ち出した。人口が減少する日本の研究開発力や企業の競争力の底上げにつなげる考えだ。
 外国人の受け入れに関するポイント制での評価は、英国やカナダが実施している。韓国は重点産業に就く外国人の在留期間を延長する制度を導入している。
-------------------ここまで-------------------------------------------------
高学歴の人や高収入の人、日本語が出来る人が高度人材に認定されやすいことになります。
70点以上・・・とは、偏差値のようです。

ちなみに現在は、永住許可申請には原則10年以上、継続して就労していたり家族での滞在が必要です。
10年未満でも、日本国への貢献が認められれば許可される可能性はありますが、明確な判断基準はなく、これに該当するのはごく一部の方。
日本人の子や日本人の配偶者には1年や3年の滞在で永住が認められることもあります。
この記事にある制度が運用されると、日本人や永住者の子どもと配偶者といった身分系の資格以外にも、優遇措置が取られることになります。
永住許可申請の要件となる在留(就労)期間が10年から5年に緩和され、更に親の帯同も許可される可能性もあることは大きな変更です。
現在、投資・経営などといった特別な在留資格を持つ人に限られている家事使用人の帯同もあり、となるようです。

計算が苦手な私は、確実に計算機片手に、ピッポッパと計算しながら、その人の「点数」を計算することになりそうです。

アオヤギ行政書士事務所http://www.officeaoyagi.sakura.ne.jp/をよろしくお願い致します。

2011年12月28日水曜日

ブラジル、英国を抜き世界第6位の経済大国に

http://jp.ibtimes.com/articles/25212/20111227/754367.htm

ブラジルは2011年、英国を抜いて世界第6位の経済大国になった。英民間調査機関「経済ビジネスリサーチセンター(CEBR)」が明らかにした。
 CEBRによると、2011年は欧州が債務危機に悩まされた一方、アジア・太平洋では経済的成長を遂げた国・地域が多かったという。CEBRは、短期的に見ればアジア・太平洋地域が、世界の経済地図を新たに支配するようになるだろう、と分析している。
 CEBRのダグラス・マクウィリアムズ最高経営責任者(CEO)は「ブラジルは長年、サッカーで欧州諸国を打ち負かしてきたが、経済において彼らを打ち負かすというのは新たな現象だ」と述べた。英紙ガーディアンが報じた。
 ブラジルの経済成長率は2010年が7.5%。2011年については、第3四半期に経済が鈍化したため、3.5%と予測されている。
 CEBRによると、2020年にはブラジルの順位は2つ下がり、世界8位の経済大国となる見通し。世界トップ3の米国、中国、日本については、経済成長の鈍化にもかかわらず、2020年時にも順位を維持する見通しとなった。
 2012年の世界経済については、欧州経済成長の鈍化が引き続き、2.5%縮小する見込みとなった。
 CEBRが発表した国内総生産(GDP)規模による世界の経済大国トップ10は、次の通り。
1位 : 米国
2位 : 中国
3位 : 日本
4位 : ドイツ
5位 : フランス
6位 : ブラジル
7位 : 英国
8位 : イタリア
9位 : ロシア
10位: インド
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐記事ここまで‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐

すごいな、ブラジル。
経済の話に、サッカーを引き合いに出すあたりが英国らしいです。

2011年12月27日火曜日

Medida contra o ar seco no inverno

Aqui no Japão, o ar do inverno fica muito seco.
Com o frio e o ar seco, fica fácil pegar gripe de garganta.
Outro dia compre o humedecedor.
Este aparelho é muito inteligente, porque não emite o vapor para que não humedecer a mobília.

Então como humedecer o ar?

Inspira o ar no aparelho, e  emite o ar humedecido.
O som do aparelho é baixo e confortável !


2011年12月26日月曜日

Corações Sujos を読んでいます

こんにちは、アオヤギ事務所です。

ブラジルで出版された本 Corações Sujos コラソォンエス・スージョス。

直訳すると、「汚れた心」という意味です。
オフィシャルページを見てみると、「国賊」という意味で使われているようです。http://www.coracoessujos.com.br/
この本はブラジルで2000年に出版され、今年2011年に映画化されてブラジルで公開されました。
日本の俳優人も出演しています。常盤貴子さんや伊原剛志さん、奥田瑛二さんなど、豪華です。

内容は、実際にブラジルの日系移民の間にあった話が元になっています。
なんせ、ポルトガル語なもんで、まだ50ページほどしか読んでいませんが、とても惹きつけられる内容です。
日本が戦争に負けた後、遠いブラジルでは日本が勝ったと信じる日系人が多くいました。
反対に、正確な情報として負けたと主張する人もいました。
犠牲者も出した、負け組み対勝ち組の抗争が描かれています。

私の周りの戦争時代に生まれ育っていない日系ブラジル人の友人らは、日系移民の間にこのような事件が会ったことを全く知りませんでした。
日系社会ではタブー視されている歴史で、非日系のブラジル人ジャーナリストが取材して描いています。今まで私が読んだ日系移民の苦労を伴う実話などとは少し異なった視点で描かれています。少し引いた目線で描かれているように感じました。

今は情報があふれた時代。でも、緊急事態になったときに、人は何を信じていいのか分からなくなります。今年あった原発事故では、政府の情報を信じていいのか、分からなくなる状況がありました。
時代は変わっても、情報があふれていても、それが正しい情報かどうかという確信もてなければ、どのように行動をとればよいのか・・・考えながら読んでます。

まだ、日本語訳は出版されていません。もし、出版されたら、ポルトガル語版を読まなくなりそうです。
でも、いつか日本語版が出版されるだろうか。

2011年12月23日金曜日

Acordo de Previdência social entre o Japão e o Brasil

Como apresentei na informação do website AOYAGI, http://www.officeaoyagi.sakura.ne.jp/pr/index.html
o Acordo de Previdência social entre Japão e o Brasil entrará em vigor no 1 de março de 2012. 

Este sistema há merito para o individual e a empresa.
Veja o panfleto (PDF) abaixo de Ministro do Trabalho e do Saúde do Japão.
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/nenkin/nenkin/pdf/shakaihosho-brasil-news.pdf

日・ブラジル社会保障協定の発効

こんにちは、アオヤギ行政書士事務所です。http://www.officeaoyagi.sakura.ne.jp/

日本とブラジルの間で、ついに、社会保障協定が正式に締結され、来年の3月1日から発効されることになりました。(詳細は、下の記事)
これからは、滞在年数によって、どちらかの国の年金に入れば良くなりました。
それぞれの国での加入期間は、どちらの国でも加算されて受給権を得ることが出来ます。

今まで、年金の二重払いは、企業と個人にとって負担となっていましたが、協定が発効されれば、両国に住む人にとって非常にメリットがあります。
手続きは、以前の社会保険事務所である、年金事務所へお尋ねを。

--------------------------------------------------------------------------------------

厚生労働省 2011年12月7日 報道発表資料

1  本7日(水),東京において,我が方加藤敏幸外務大臣政務官と先方マルコス・ガウヴォン駐日ブラジル大使(H.E. Mr. Marcos Galvão)との間で,「社会保障に関する日本国とブラジル連邦共和国との間の協定」(日・ブラジル社会保障協定:2010年7月29日署名)の効力発生のための外交上の公文の交換が行われました。これにより,日・ブラジル社会保障協定は,2012年3月1日に効力を生ずることになります。
 
2  これまで,日本とブラジル両国の企業等から相手国に一時派遣される被用者等(企業駐在員等)には,日本とブラジル両国の年金制度への加入が義務付けられるために,年金保険料を二重に支払わなければならないという問題や,相手国の年金制度への加入期間が短いために,年金の受給に必要な期間を満たさず,年金を受給できないという問題がありました。この協定は,これらの問題の解決を目的としています。

3  この協定の締結により,派遣期間が5年以内の一時派遣被用者等は,原則として,派遣元国の年金制度にのみ加入することになるほか,両国での保険期間を通算してそれぞれの国における年金の受給権を確立できることとなります。これにより,企業及び企業駐在員等の年金保険料負担が軽減され,両国間の人的交流および経済交流が一層促進されることが期待されます。

4  この協定は,既に発効済みのドイツ,英国,韓国,米国,ベルギー,フランス,カナダ,豪州,オランダ,チェコ,スペインおよびアイルランドに続く,我が国にとって13番目の社会保障協定となります。

【参考】ブラジルの在留邦人数は58,374名(平成22年10月1日現在。世界第5位)。

ブログをはじめました

ブログにご訪問いただきましてありがとうございます。

行政書士のアオヤギです。

東京で行政書士事務所をやっています。

主に、入管のビザ申請、ポルトガル語と英語の翻訳、許認可などを扱っています。

http://www.officeaoyagi.sakura.ne.jp/

このサイトでは、日本とブラジルに関する情報を中心に、雑談なども含めて書いていきます。
どうぞ、よろしくお願い致します。