2017年6月17日土曜日

ブラジルの県人会のネットワーク!

今回は、ブラジルの県人会の方にご協力いただいたお話です。

県人会とは、日本からブラジル渡った多くの日系人が、日系人らが出身県やそのルーツで結束し、今でも日本に関する活動やイベントを行っている団体です。

ブラジル日本都道府県人会連合会 http://www.kenren.org.br/ja/

アオヤギ事務所では、日本で発生した相続の相続人の中に、ブラジルに渡った方やそのご子息がいるケースでの所在を捜索することを行っていますが

今回のケースでは、ブラジルの相続人の電話番号がわかったため、直接電話を試みるも、何十回に1度というレベルでしかつながらず、困っていました。

ブラジルは日本との時差が12時間ですので、こちらが電話をかける時間帯も限られています。

実は、日本側のご親族の方から私にご相談があった時点で、すでにご親族が県の国際交流協会を通じて、ブラジルの県人会にコンタクトは取られていました。

そこで、その県人会の方に私から連絡をして、ご協力願いたい旨お願いをしてみました。

すると、県人会のネットワークを通じて、2日ほどで探していた方の職場が判明したのでした!

探していた方が日系の高齢者施設にお勤めということも幸いしました。

しかも、直接、お話してくださり、地球の裏側の日本から本当にありがたく、県人会のネットワークに驚かされました。

ブラジルでは日系といっても、日本語を話す方は必然的に少なくなってきます。

ですが、ブラジルに住んでいた時に日系人の友人らにいろいろ教えてもらったり、助けてもらった私にとっては、日系の文化は残してほしいな、と思います。

ブラジル好きな私にとって、ブラジルと日本の両方の文化を持てるということは、うらやましくもあります。

よく、日本に住む日系の方がアイデンティティーに悩むことを聞きますが、ダブルの可能性を持っている、ということも知ってほしいです。

2017年5月23日火曜日

東ティモールの言語

ある方から東ティモールの裁判所の書類を翻訳してほしい、と相談がありました。

東ティモールは、インドネシアのお隣で、2002年にインドネシアから独立を果たした国です。

領土の歴史は複雑で16世紀にポルトガルの植民地となり、オランダの進出、その後インドネシアが占領した経緯があります。

ポルトガルはかつて、大航海時代にブラジルをはじめ、アジア、アフリカなども植民地としたため、ポルトガル語が話されている国は意外とあるのです。

例えば、アフリカでは、アンゴラ、ギニアビサウ、モザンビーク、アジアではマカオ、そして東ティモールもです。

東ティモールを調べると、公用語として、テトゥン語とポルトガル語が公用語で、インドネシア語も実用語として使われているとのこと。

以前、ギニアビサウの書類を翻訳したことがあったり、モザンビークのポルトガル語にも触れたことがあったため、今回、東ティモールの文書もできるかなーと思っておりました。

・・・・で、実際に翻訳を希望されている文書を見ると。

びっくりしました。

ほぼ、ポルトガル語ではありません!

おそらく、ティトゥン語です。ポルトガル語は単語が所々確認できるだけで、文章の意味までは把握できないのです。

今回は残念ながら翻訳はお受けできなかったのですが、東ティモールにちょっと興味が~。

2017年4月6日木曜日

ブラジルの公証翻訳 Tradução juramentada

今回は、ブラジルの独自の制度 「公証翻訳、ポルトガル語で Tradução juramentada」 についてです。

当事務所は、日本語、ポルトガル語、英語の証明書類の翻訳を受けています。

そして、たまにブラジル国内の機関に提出する書類について、「ポルトガル語への訳をやって欲しい」という問い合わせがあります。

残念ながら私はブラジルの制度上の公証翻訳人ではありません。
もし、ブラジル側の機関から公証翻訳人による翻訳を求めているなら、私が行った翻訳では使えませんので、無駄となってしまいます。
なので、必ず、ブラジル側は誰による翻訳を認めているのか確認することをお勧めしています。

もし日本のプロの翻訳でよいなら、私の事務所でも行っております。

しかし、ブラジルの公証翻訳人による翻訳しかブラジルで受け付けられないようなら、当事務所の知り合いのブラジルの公証翻訳人をご紹介しています。

実際のところ、ブラジルの公証翻訳ってナニ?ということで、下記、パラナ州の公証翻訳人会のウェブサイトに分かりやすい説明がありましたので、取り上げてみます。

http://atpp.org.br/o-que-e-traducao-juramentada/ から抜粋
---------------------------------------------------------------------------------
Diferentemente de textos como um livro, um manual técnico ou um artigo científico, que podem ser traduzidos por qualquer pessoa que se sinta habilitada para tanto, um documento emitido em língua estrangeira que precise ter validade oficial no Brasil (certidões, contratos, procurações, documentos pessoais e acadêmicos, por exemplo) só terá existência legal no país se traduzido por um tradutor público (ou juramentado) concursado e habilitado pela Junta Comercial do estado onde reside e atua.
Ou seja, nenhum documento redigido em idioma estrangeiro tem validade no Brasil, se não vier acompanhado da respectiva tradução juramentada.

その人にその能力があると判断したどのような人でも翻訳ができる書籍や技術的なマニュアル、科学の記事とは違い、ブラジルで公的に有効性を持たせる必要がある外国語で発行された書類(証明書、契約書、委任状、私文書、学校文書など)は、居住し活動する州の商工会により選抜され免許を与えられた公証翻訳人による翻訳でなければ国内で法的な存在価値を持たない。
つまり、その文書の公証翻訳が添付されていなければ、外国語で記載されたいかなる書類もブラジルでは有効性がない。
---------------------------------------------------------------------------------
ポルトガル語の翻訳と、ブラジルの公証翻訳でお困りの時は、当事務所にお問い合わせくださいませ!

アオヤギ行政書士事務所
http://www.officeaoyagi.sakura.ne.jp/index.html

2017年2月15日水曜日

趣味でスカッシュ

たまには趣味のお話をば。

サラリーマンもそうですが、自営業こそ、体が資本なのは言うまでもありませんね。

休みたーい、ときにも有給はありません。

当事務所はワンオペでやっていますから、「だれか~代わって~」と言うこともできず。体調悪い時は、ひたすら、トホホ状態。

学生のころから腰が弱く、ぎっくり腰を今まで数回やりました。

座っていること多く、年々、回復が遅くなってきている気がする・・・

2年ほど前にやったギックリさんでは、針治療も受けました。

そんな中、通っていたスポーツクラブでいつも横目で気になってみていたのが、スカッシュです。

知ってます?テニスのようなラケットを持って、箱の中で2人で打ち合いをします。

思い切ってスカッシュ・スクールに通うこと1年、初めの方は筋肉痛やら筋が痛いやら、ありましたが、気づくと、腰痛の「ヨ」の字もどっかいっていた。

ま、要は運動不足だったんでしょう。

今は週に1回、スカッシュが楽しみで仕方ありません。ホント楽しいんです!

ボールに振り回されて追いかけるとことか。先生、辛口とか。

まだまだ初心者なんですが、今度、初心者向けの試合に出ます。

スカッシュはテニスより体力を使うと言われているので、体が持つか心配はありますが、とにかく出てみる。挑戦です。

2016年12月17日土曜日

今年を振り返り、来年へ。

今年もいろんなことがありましたが、元気にお仕事ができたこと、年齢を重ねるとありがたさが増してきます。

来年の1月から行政書士登録をして10年目を迎えます。

開業当初は、入管業務をメインにやっていこうと思っていました。

が、周りの行政書士の方々を見渡すと、素晴らしい営業センス&実務能力をお持ちの方がたくさん。圧倒されました。

当初、入管業務とポルトガル語の翻訳業務も掲げていた私の事務所では、徐々にポルトガル語の翻訳が多くなり・・・・

思い切ってHPで、翻訳とブラジルが絡む相続の業務を中心に案内したところ、全国の弁護士さん、司法書士さんらからブラジル在住の相続人との連絡調整や翻訳業務を受けることがメインとなりました。

今では、入管業務は古いお客さんから受けるのみとなりました。

ただ、外国人相談センターでのコーディネーター業務は続けており、そちらで入管に関する相談を受けていますので、まだ入管業務に片足を突っ込んております。

自営業の仕事とは不思議なもので、「自分がやりたい」と思ったことで必ずしも伸びていくものではなく、「頼まれたことをやってみる」ことで、実は自分に求められている専門性が分かったりして、おもしろいなあ、と思います。

で、私は気づくと、ポルトガル語関係で、色々なところの調整&コーディネートをしていることが多いと気づきました。

ブラジル在住の相続人と日本側の弁護士さんや司法書士さんとの間に入ることなんかはまさにそんな感じで、両者の文化的な背景も考慮しながら、それぞれの言いたいことをまとめて、どう切り出そうか悩んだりするのが向いているようです。

今年初めての分野のお仕事と言えば、ブラジルの弁護士さんから日本在住者の行政手続きなどもお引き受けしたこともあり、こちらは来年度、伸ばしていきたい業務です。

大好きなブラジル、大好きなポルトガル語に触れて、それが、お仕事として携われること、来年も、引き続き、元気にブラジルとポルトガル語専門の行政書士として、お仕事をしていこうと思います。